RECRUITING 2021
TOP MESSAGE

英知をつなぎ、チャレンジすることが、
独創的な製品開発につながっていく。

代表取締役社長
石井 和徳

「先行・先端・差異化」

1962年、日本企業としては初めて自社技術によるオリジナルコネクタを開発して以来、ヒロセは「先行・先端・差異化」をコンセプトに、どこにも負けない独創的な製品を世に送り続けてきました。コネクタメーカーとして、高い評価を受けているヒロセの強みは、一言に集約すれば「チーム力」です。お客様に認めていただける優れたプロダクトをひとりで生み出すことはできません。同じ目標に向かって営業サイド、開発サイド、製造サイドが力を合わせ、チームという形で力を発揮することが不可欠です。1+1を2ではなく、お互いが切磋琢磨することで3にも5にも膨らませていく。そうした相乗効果を生みだすチーム力こそがヒロセの力の源泉であり、最大の特色です。

「英知をつなぐ」

ヒロセには「英知をつなぐ」という不変の理念があります。これは、素直で謙虚な姿勢で外部の知識や知恵を吸収し、そこに自らが培った英知をつなぐことで独創的な製品を生み出していこうという姿勢を示しています。今後も「高速」「高周波」「ハイパワー」「小型化」の4つのキーテクノロジーで「コンシューマー」「車載」「産機・インフラ」の3分野を軸に独創的な製品を提供し続けていくことに変わりはありません。
そして、近年はエレクトロニクス業界においても、ハードだけでなく、サービスやシステムといったソフトにも、企業のビジネス領域が拡大しています。これからは、こうした動きを見据え、自律的に何が求められているのかを考え、シナリオを描き、行動することも求められるでしょう。
だからこそ、ヒロセは前向きでチャレンジングな人材を求めています。そして、社員一人ひとりがそれぞれの強みを持っていただきたい。ヒロセの独創的で高付加価値な製品は、多くの英知をつなぐことで生まれます。多種多様な人材が、それぞれの強みを活かしながら力を合わせ、チーム力を発揮する。そうしてヒロセをもっとおもしろい会社にしていきましょう。